一矢報いた二塁打は佐々木誠監督の指導のたまもの

西日本スポーツ

 ◆2020年甲子園高校野球交流大会 加藤学園3-1鹿児島城西(12日、甲子園)

 春夏通じて初めて甲子園の土を踏んだ鹿児島城西は、加藤学園(静岡)に1-3で敗れたが、9回に八方悠介(3年)の安打を起点に1点を返して意地を見せた。福岡ダイエー(現福岡ソフトバンク)、西武などで活躍し、甲子園初采配となった佐々木誠監督(54)の初勝利は持ち越された。

 9回1死一塁、代打の砂川が左翼線へ二塁打を放ち、相手守備の乱れもあって1点を返した。「打撃が持ち味のチームなので最後に見せたかった」と意地を見せた形だ。練習では佐々木監督から「強くスイングしろ」と指導された。175センチ、85キロのがっしりした体格。「自分の特長を生かした指導をしてもらった。それが出せたかなと思う」と胸を張った。代打を送られた古市主将も「最後に3年生の意地を見せられた」と喜んだ。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング