西武高木「抜けてくれ!」祈り通じたプロ3年目の初安打

西日本スポーツ

 ◆西武-楽天(13日、メットライフドーム)

 西武の1番に入った高木がプロ3年目にして初安打をマークした。

 3点を追う3回無死。先発の松井から痛烈な右前打を放った。通算7打席目でうれしい初安打。「抜けてくれ!と思いながら一塁まで走りました。いい所に飛んだのは分かっていたので、打球の行方もしっかりと見ることができました」。この一打をきっかけに西武は2点を返した。

 初回の中堅守備で浅村のフライの目測を誤り、先制打にしてしまった。「(先発の)与座さんに迷惑をかけてしまい、何とかそれを取り返そうと必死でした。ミスはしてしまいましたが、しっかり打席では気持ちを切り替えられたのは良かったと思います」とコメントした。

 福岡県朝倉市出身の高木は真颯館高(福岡)から2018年に育成ドラフト1位で入団。同年オフに支配下選手登録を勝ち取った。今季はイースタンで7本塁打と持ち前の長打力をアピールし、11日に1軍に今季初昇格した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング