もがくリーグ王者西武…5年ぶり7連敗 打線改造も投手陣踏ん張れず

西日本スポーツ

 ◆西武4-7楽天(13日、メットライフドーム)

 西武が5年ぶりの7連敗を喫し、借金は今季最多の8となった。

 今季初めて4番にメヒアを入れ、1番にプロ3年目の高木を起用。さらにスタメンマスクは森ではなく岡田と打線を大幅に入れ替えた一戦。だが先発の与座が自己最短の3回途中4失点でKOされると、平井、今井、平良らリリーフ陣を次々とつぎこみながらも、楽天打線の勢いを止められず、計13安打で7失点。打線は3回に外崎、メヒアの連続適時打で一時1点差に迫り、3回先頭でプロ初安打を放った高木が7回に適時三塁打を放って初打点を記録したが、及ばなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング