ソフトバンク板東「すごく緊張」終盤登場でプロ初ホールド

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(13日、ペイペイドーム)

 7回から3番手で登板した板東がプロ初ホールドをマークした。

 先頭の若月は空振り三振。続く宗に中前打を許すも、佐野も三振に仕留めた。最後は西浦をフォークボールで二ゴロに打ち取って無失点。高橋礼と泉がいずれも2連投中だったため、終盤2点リードの展開での抜てきだったが、きっちり仕事を果たした。「すごく緊張した。自分のベストな投球ではなかったが抑えられて良かった。良い場面で使ってもらいうれしい」。前カードの楽天6連戦では初勝利を含む2勝。2年目の右腕にとってはうれしい8月が続いている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ