ソフトバンク今宮 価値ある同点弾も「ヒットの延長」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(13日、ペイペイドーム)

 今宮が大竹を勇気づけるアーチを放った。

 1点を追う2回。張奕の投じた初球の高めカットボールを振り抜くと、滞空時間の長い打球が左翼席で弾んだ。プレーボール直後に1失点した今季初登板の左腕を力強くサポートする同点の5号ソロは7月28日の西武戦以来の一発。「たまたまですね。ヒットの延長が、結果的に本塁打になってくれました」と謙遜気味に振り返ったが、周東の勝ち越し打も呼び込む大きな一振りになった。背中の張りの影響で休養をはさみながらのシーズンだが、攻守でさすがの存在感を示し続けている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ