成長示したソフトバンク大竹の冷静さ/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(13日、ペイペイドーム)

 今季初登板の大竹は落ち着いたマウンドさばきが光った。相手のしぐさや様子をうかがいながら、うまく打者のタイミングを外していた。特に有効だったのは要所でうまく抜くことができたチェンジアップ。6回にT-岡田から空振り三振を奪った球もそうだった。

 昨年は打たれ始めると止まらない面があったが、初回の一発の後も冷静に切り替えていた。2軍で結果を積み重ねてきた自信の表れであり、彼の成長でもある。私が見た2軍戦でもいつ1軍に上がってもいい投球をしていた。準備ができていたということだ。

 非常に安定したピッチングを見せてくれたし、この内容であれば、大竹を先発ローテに組み込んでもいいのではないか。今回のように和田から大竹と左投手が続くことには一考の余地があるとしても、先発ローテに一定のめどが立ったのはチームにとって収穫だ。

 7回に登板した板東の好投も大きい。先発陣に完投を望むのが難しい現状では、中継ぎ陣の負担は当然大きくなる。7回も高橋礼だけでは疲労がたまる。板東や泉ら若手がこのポジションで結果を出してくれれば、「中継ぎのローテ」も組める。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ