ソフトバンク終盤の柳田弾で5連勝! 5投手が無失点リレー オリ7連敗で借金14

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1オリックス(14日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは終盤に柳田の一発が飛び出し、接戦をものにして連勝を「5」に伸ばした。

 先発・東浜は初回、宗と吉田正に連続二塁打を浴び1失点。それでも直後に柳田晃の二塁打から中村晃が同点打を放ち、すぐさま追いついた。

 その後は山崎福を打ちあぐねたが、8回に2四球で2死一、二塁として、柳田が右翼へ特大の勝ち越し3ラン。山崎福を降板に追い込んだ。

 5回1失点の東浜の後を受けた救援陣は津森、川原、高橋礼、嘉弥真が無失点リレー。3点リードの9回は森が無死一、二塁のピンチを招いたが、後続を断った。

 オリックスは6回、代打西浦のときに三塁走者のT-岡田が盗塁死するなど拙攻が響いて7連敗。借金14となり、早ければ16日に自力優勝が消滅する状況となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ