逆転直後にまた逆転…西武ニールまさか、楽天茂木に連続被弾

西日本スポーツ

 ◆西武-楽天(14日、メットライフドーム)

 7連敗中の西武は序盤からジェットコースターのような試合展開となった。

 先発・ニールが初回、茂木に右翼ポール直撃の先制2ラン被弾。直後の攻撃で無死から高木、源田の連打で一、二塁。ここでベンチは外崎に送りバントを指示。外崎は投前に転がし、三塁封殺を狙った則本昂が引っかけて悪送球した。

 この失策の間に二走・高木が生還し、なお二、三塁で続く山川の三ゴロの間に同点。1死三塁から栗山が左中間へ適時二塁打を放って勝ち越した。

 だが続く2回2死一、三塁、ニールが茂木にバックスクリーンへ2打席連発となる3ラン被弾。再び逆転を許した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング