先発全員打点で西武連敗ストップ! 今季最多13点で壮絶殴り合い制す ニールも則本昂も大炎上

西日本スポーツ

 ◆西武13-8楽天(14日、メットライフドーム)

 西武が乱打戦を制し、連敗を「7」で止めた。

 先発ニールが初回、茂木に先制2ラン被弾。その裏に敵失絡みで3点を奪って逆転した。2回に茂木に2打席連発となる逆転3ランを許すと、その裏、すぐさま2適時打で追いついた。

 3回にロメロのソロで勝ち越されると、その裏にメヒアのソロで同点。ニール、則本昂と両チームのエースがともに3回6失点で降板となった。代わった今井が4回、茂木に適時打を浴び1点を勝ち越された。

 それでも5回に楽天救援陣に襲いかかり、スパンジェンバーグ、戦列復帰の金子、高木、源田、外崎の5者連続タイムリーなど、この回打者一巡の猛攻で一挙6得点。続く6回、代わった森脇が無死から浅村にソロを浴びたが、後続は退けた。

 7回平良、8回ギャレット、9回増田が3人斬り。点差はやや開いたが、最後は勝ちパターンできっちり締めた。また8回に森が適時二塁打を放ち、先発全員打点ともなった。2番手で2回1失点の今井が3勝目(3敗)。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング