新田がSS賞勝利 オールスター競輪 【名古屋】

西日本スポーツ

 名古屋競輪のG1「第63回オールスター」は14日、3日目を戦った。全員が準決に進むシャイニングスター賞(SS賞)は、新田祐大が新山響平マークから切り替えながら捲り追い込んで勝利した。人気の脇本雄太は赤板で進出を図った新山を突っ張って、もがき合いを選択。新山は退けたものの松浦悠士の単騎ロング捲りに遭って力尽き、8着に終わった。松浦後位に入った郡司浩平が2着。松浦は3着に粘り込んだ。6つの2予も行われ、3着までが準決に進んだ。15日は10~12Rの準決に加え、ファン投票上位が激突する9Rガールズドリームを行う。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング