トンネル抜けた西武「一つの勝ちがこれだけうれしいものかと」辻監督

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武13-8楽天(14日、メットライフドーム)

 ノーガードの打ち合いを制し、長いトンネルの出口にたどり着いた。序盤から激しく点を取り合い、先発全員打点で今季最多の13得点。5年ぶりの7連敗をようやく止めた。辻監督は「まあよく勝てたね。本当に…」と偽らざる本音が漏れた。

 ニールと則本昂の開幕投手同士の投げ合いは、プレーボールの“ゴング”と同時に荒れた。3回までにともに6点ずつ取り合い、4回に勝ち越しを許した。乱戦が落ち着きかけた5回に“獅子脅し打線”が爆発した。

 1死一、二塁とチャンスをつくると、スパンジェンバーグが同点適時打。首痛から1軍復帰した金子が勝ち越しの投手強襲適時内野安打で続いた。「打ててうれしかった。(1軍に)帰ってこられたという気持ちになった」。2戦連続1番起用の高木が右前適時打でつなぐともう止まらない。5者連続の適時打で一気に6点を奪ってみせた。

 指揮官は「見事だったし、やっとウチらしい攻撃ができた。こういう形でタイムリーが続くと勢いが出る。打線も少しずつ良くなってきたので期待したい」と目を細めた。右足首を痛めていた山川も4番で先発復帰。森も3安打と復調気配だ。

 V2を果たした打ち勝つ野球で大型連敗を止めた。辻監督は「勝てたというだけで寝付きも良くなるだろうし、寝起きも爽快になる。自分のことを言っているみたい。一つの勝ちがこれだけうれしいものかと選手も味わってくれたと思う」とうなずいた。逆襲への大きな一勝としなければならない。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング