考え抜かれた配球 柳田が桁違い、山崎福は反省しようなし/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1オリックス(14日、ペイペイドーム)

 柳田の3ランはすごいものを見せてもらった。山崎福は良かったし、野球人生でも一、二を争うピッチングだったのではないか。柳田も前の打席まで内角球に翻弄(ほんろう)されていた。バッテリーがいつ内角を使うか注目していたが、最後は柳田が上回った。

 外角への一番遅いカーブから入り、2球目も外角に一番速い直球。さらに中間の球速のチェンジアップで追い込み、捕手の伏見は内角の直球を要求した。考え抜かれた配球で、山崎福もきっちり投げきったが、あれを打たれたのでは、反省のしようがないだろう。

 柳田は外角まで頭に入れた上で「反応」で内角を捉えたはずだ。「うまく反応してくれた」という自分を客観視したようなコメントが印象的だった。苦しめられた内角球をファウルにせず、スタンド中段に運んだ打球を見て、桁違いの打者になったと実感した。

 柳田に回せば何とかしてくれるという雰囲気があるから、前の打者もつなごうとする。8回の上林の四球もそうだった。あの場面で打席が回ってくること自体がすごいし、そういう運も持っている。スーパースターの階段をまた上った一発だった。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ