大炎上のソフトバンク二保は猛省「自分の投球を見直したい」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-8オリックス(15日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク先発の二保が2回5失点(自責3)でKOされた。

 初回2死二、三塁でT-岡田に左前適時打を浴びていきなり2失点。2回も自らの失策などでピンチを招くと、福田、吉田正に適時打を許し3点を失った。

 「ストライクゾーンの中でまとまり過ぎた。高めに浮いた球を打たれているので、自分の投球を見直したい」と猛省した。

 今季初登板の6月21日ロッテ戦では危険球による退場処分を受け1回0/3でマウンドを降りたが、それに続く早い回での降板となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ