山田燃えて初タイトルへ! 九州王国再興へ

西日本スポーツ

 山田英明が2月の全日本選抜以来、6度目のG1決勝に進んだ。山崎賢人の番手で臨んだ準決10R、深谷知広-吉田敏洋の中部勢とカマシた山崎が、もがき合い。山田は前と口が開きながらも吉田をどかして山崎-深谷-山田の並びで終BS通過。深谷のBS番手捲りを追走した山田は深谷を直線で逆転したが、後位の柏野智典に差されて2着で勝ち上がった。「山崎君のおかげ。行ってくれたのに連結を外してしまい、悔しい走りだった」と反省。「毎日必死で走っているので余裕はない。でもチャンスをもらった。勝つために何でもやる」と気持ちは初タイトルへ燃えたぎっている。神奈川の内藤秀久と同期ラインで強敵に挑む。

 山崎はNT同士のもがき合いを一度は制して先頭を奪った。「余裕はあったが、深谷さんはもっと余裕があったみたいです。でも自分も脚力が付いてきた」と自負。「あとは初日や2日目に、自分を盛り上げていくようなレースをする必要を感じた」。大会を通して自分の走りを組み立てていく大切さに気付いただけでも意義ある大会となった。

 児玉碧衣は、ガールズ総選挙1位の期待に、わずかに応えられなかった。得意の鐘4角カマシで先行したが、石井貴子にピタリ追走され、差しを許した。先行して差される児玉の“ビッグレース2着パターン”がまた繰り返された。「自分のレースをやったとは思う。でもどうしたら勝てるのか…。踏み直しなのか、逃げ方なのか…」と自問した。だが結局は、脚力と技術を上げるしかない。「最近少し痩せました。追い込んで練習したから。エステに行くよりこれが早い。GPトライアルに向けて、厳しい練習を続けます。次に会うときは、こんなになってますよ」とほほをすぼめて見せた。本気になった女王なら、ガールズGP3連覇の偉業も十分達成可能だ。

 小林優香は流れに乗れないままBS後方に置かれて捲り不発。6着で厳しい表情を見せた。「いい緊張感の中で勝つことが必要だった。何も得るものがないレースになった」。五輪代表としてのアピールは果たせなかったが、持てるパワーは日本一。優香と碧衣。同門ライバルは、これからも激闘を続けていく。

 ◆児玉碧衣が賞金1億円突破 児玉碧衣が名古屋9Rで2着となり通算取得賞金1億円を突破した。石井寛子、梶田舞に続くガールズ3人目。デビュー5年1カ月13日での達成は最速。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング