離脱中のソフトバンク・バンデンハーク 1カ月ぶり実戦で無安打0封

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク4-2広島(15日、タマスタ筑後)

 背中の張りで戦列を離れているバンデンハークがウエスタン・広島戦(タマスタ筑後)で約1カ月ぶりに実戦復帰し、2回を無安打無失点に抑えた。

 6回に4番手で登板。先頭の韮沢を右飛に仕留めると、続く宇草を148キロ直球で一ゴロ、中村奨も中飛に打ち取った。7回は2死から高橋大に四球を与えたものの、正随を119キロカーブで見逃し三振とし、この回限りで降板。2回で18球を投げた。右腕は7月16日のオリックス戦で2回2/3、4失点して来日後最短KO。翌17日に出場選手登録を抹消された。工藤監督は「少し時間を空けます。疲労もあったと思う」と期間を設けず調整させる方針を示していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ