ソフトバンク4番栗原で先制 4試合ぶりタイムリー「うまく打てた」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(16日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは栗原が4試合ぶりのタイムリーを放ち、先制した。

 「4番・一塁」でスタメン出場し、2死二塁から左腕アルバースに追い込まれながら外角スライダーをうまく拾ってセンター前に落とした。12日オリックス戦以来のタイムリーを「追い込まれていたので食らいついて打ちにいった。うまく打つことができたし、先制できて良かった」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ