西武金子先制打、栗山3ラン 昨季3敗の宿敵福井をKO

西日本スポーツ

 ◆西武-楽天(16日、メットライフドーム)

 西武が金子、鈴木の連続タイムリーで2点を先行した。

 昨季4試合の対戦で0勝3敗と苦しめられた福井と今季初めて激突。

 両チーム無得点の2回、先頭栗山が右前打を起点に2死一、二塁のチャンスをつくると、金子が中前への先制適時打を放った。「チャンスで場面で、しっかりと先制点を取れて良かったです」とコメント。さらに鈴木も左前適時打で続いた。「ここ最近、納得のいかない打席が続いていましたが、ようやく1本出たので、このあともどんどん打っていきたいです」と話した。

 3回には栗山の6号3ランが飛び出し、福井をこの回の途中で早くもKOした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング