始球式「さしこちゃんより飛んで良かった」 HKT月イチ報告(上)

西日本新聞 古川 泰裕

 歌に焦点を当てた配信限定ライブなど依然としてオンラインでの活動が主軸となる中、HKT48は7月17日、新たな活動拠点となる福岡市中央区地行浜の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で報道陣向けのお披露目ライブを開いた。下旬には、JR九州とのコラボレーションによる観光キャンペーン「みんなの九州プロジェクト-九州を元気に!-」も発表。新型コロナウイルス禍の収束の兆しが見えない中、豪雨で大きな傷を負ったふるさと九州のためにHKTができることは-。失われた「当たり前の日々」、そして命についても考える時間が増えた7月を、松岡菜摘(24)、熊沢世莉奈(23)、坂口理子(26)、宮崎想乃(19)と振り返った。(古川泰裕)

ポジティブで、楽しそうな女性に

 -8月8日に松岡菜摘さんが24歳に。23歳はどんな1年でしたか。

 松岡「23というよりは、ここ何カ月間かで世間というか世界が変わったじゃないですか。なので、だいぶ考え方とかも変わってきました。運営会社が変わったタイミングでもあったので、人生について考える時間が増えたかもしれないですね。それが24になるからなのか、環境の変化からなのかは分からないですけど、将来を考えるようになりました。この先どうなるかな?みたいな…。先を見越す、じゃないですけど、そういうのが大事になってくるのかな」

 -考えることが増えた。

 松岡「考える時間も増えたので」

 -自分のことも…。

 松岡「グループのことも」

 -24歳はどんな1年にしたいですか。

 松岡「楽しい1年にしたいです。コロナで自粛期間中、家にいる時間が長くて。ネガティブなので、家にいると、すごく(気持ちが)下がってくるんですよ。楽しく生きたいなって思います。気楽って言ったら誤解を招きそうですけど、ポジティブで、楽しそうな女性になりたいなって思います」

 -自粛期間中は落ちていく方だったの?

 松岡「もう(下を向くしぐさをして)…みたいな。(坂口)理子ちゃんみたいな人になりたいんですよ。そう見えるだけかもしれないけど明るいから」

 坂口「私ずっと同じテンションですね。逆に真顔だと『りこぴが天神地下街を真顔で歩いてたンゴ笑笑』みたいな(笑)」

 松岡「地下街は真顔で歩くやろ(笑)」

 熊沢「誰も笑顔では歩かん(笑)」

 坂口「天神地下街1人やったら真顔で歩くわって(笑)。真顔のイメージ、あんまりないんかな? 分からないけど、真顔が怖いって言われることがあります」

 松岡「確かに、元気なイメージがある」

 -熊沢さんは気持ちが下がる方ですか。

 熊沢「私は下がる方です」

 -毎朝「おはよう」とツイッターに投稿しているけど。

 熊沢「あっ、そうですね。毎朝7時になるべくツイートするようにしています」

 -内容も毎日変えていて、ツイートだけを見ていると落ち込んでいるようには見えなかった。

 熊沢「うふふ」

 松岡「ちゃんと夜、早く寝ている? 夜更かししていない?」

 熊沢「いや、夜更かしもしている」

 松岡「でもちゃんと起きるの?」

 熊沢「起きるよ」

 松岡「偉いな」

 宮崎「その後、寝ないんですか?」

 熊沢「その後、また寝る(笑)。眠いから」

 宮崎「自粛期間中は、お姉ちゃんも1カ月お仕事が休みになってずっと家にいた。ずっとお姉ちゃんがいたので、落ち込むことはなかったです」

 松岡「(本村)碧唯ちゃんと一緒にいたけど、2人してこう(下を向く)なっていた(笑)」

誕生日祝いのケーキを見つめる松岡菜摘

鷹番組MC「いろいろ模索中」

 -気持ちの持ちようにも個性が出る。坂口さんがMCとして出演するソフトバンクホークスの情報番組「鷹のミカタ」(BSスカパー!)が始まった。

 坂口「始まりましたね」

 -収録はHKTの新劇場もある「BOSS E・ZO FUKUOKA」のスタジオで。

 坂口「(番組は)『王貞治ベースボールミュージアム』の『89パーク』から始まるんですけど、ほぼ『E・ZO FUKUOKA』の中を紹介する、みたいな感じで。普段(の活動)はメンバーが一緒にいるけど(番組では)誰もいないし、パンクブーブーの黒瀬純さんと2人でMCって感じなので、私のしゃべる量がすごく多い。野球について話すことへのハードルが高くて。小さいころからホークスは大好きだったけど、野球の細かいルールについては知らないなって気づいて最近勉強を始めた。小さいノートを作って、毎日の試合の経過を…。誰々が何回のいつ何を打ったかとかを調べて、毎日できるだけまとめるようにしています。できないときは1週間まとめてとか。ポイント、ポイントを押さえていく感じですかね。月に1度のホークス特集みたいなコーナーがあって、そこで取り上げられることが世間が注目していることじゃないですか。自分の注目したポイントとそこが合ってきたりすると、この見方でいいのかなって…。あっ、『ミカタ』って出ちゃったんですけど(笑)。やっぱり、普通には語れないじゃないですか」

 -番組では、注目の選手とかを話すの。

 坂口「この選手が今注目とか、若手選手とか。ただでさえ、アイドルが野球について話すって言うのが、野球ファンの人にとっては『何言っているんだ』じゃないですけど、そういう風に見られがちな部分もあると思うので。あくまで、女子目線で話していいよ、とは言われているんですけど。野球ファンとアイドルのファンって、同じようで同じじゃない。全然交わらない部分もあって、いろいろ模索中です」

 -ホークスの応援番組なので試合に勝った、負けた以外の話題も扱う。

 坂口「そうなんですよね。全国で放送されているので、ホークスファンじゃない人も見る。そこがけっこう難しいところ」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング