4戦勝ちなしのアビスパ長谷部監督、古巣との対戦に決意示す

西日本スポーツ 松田 達也

 J2アビスパ福岡の長谷部茂利監督(49)が、古巣からの白星を誓った。19日は、昨季まで監督を務めた水戸とホームで対戦。チームは4試合勝ちなしで自動昇格圏内(2位以内)から大きく後退する14位と苦境が続いており、巻き返しの白星につなぐ決意を示した。

 16日のオンライン取材で長谷部監督は「昨年まで自分がいた、ということは関係なく、この試合に勝つために力を尽くしたい」と言い切った。昨季は水戸を率いて7位に導いた。現在16位の水戸について「いろんな選手が点を取り、新加入の選手が融合したいいチーム」と分析した。

 アビスパは7月に3連勝を記録しながら、同29日の愛媛戦から2敗2分けと波に乗れていない。長谷部監督と共に昨季まで水戸に在籍した前主将が新型コロナウイルスに感染して欠場が続くなど、過密日程での苦しい戦いが続く。

 0-1で敗れた15日の松本戦は、7試合ぶりの無得点に終わった。長谷部監督は「自分たちがどうやって点を取るのか。もう一度、絵を合わせたい」と攻撃陣の奮起を促した。(松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング