西武メヒアV打の舞台裏 辻監督の頭にあった「もう一つの選択肢」

西日本スポーツ

 ◆オリックス1-3西武(18日、京セラドーム大阪)

 同点の8回、オリックスの2番手・ヒギンスを攻め、2死二、三塁のチャンスをつくると、メヒアが左前へ決勝の2点タイムリー。

 先発山本の前に直前3打席はいずれも空振り三振。熱中症による体調不良もあって、ここ4試合、スタメンから外れた中村がベンチに控えており「あそこは(代打中村を)考えたけど、メヒアがよく打ってくれたよ」と辻監督。意地のこもった殊勲打に「光成が素晴らしいピッチングをしていた。何とか援護するんだと思って打席に入った。結果を残せてよかったよ」と喜んだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング