新型コロナ感染の鳥栖・金監督が退院「皆さまに深くおわび」

西日本スポーツ

 J1サガン鳥栖は19日、新型コロナウイルスに感染していた金明輝監督(39)が同日に退院したと発表した。クラブによると、退院後も活動を自粛した上で保健所の指示に従いながら行動するという。

 11日から入院していた金監督はクラブを通じて「多くの方々にご心配とご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。私のために大変な苦労をおかけしたJリーグ、ともに戦っているJリーグすべてのクラブ、フットボールを愛する皆さまに深くおわび申し上げます。入院中、不安に思うことがある中で、家族や友人、サポーターの温かい言葉に何度も救われました。感謝の気持ちを忘れず、新型コロナウイルス感染症対策の意識をより一層強めてまいります」とコメントした。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング