ソフトバンク耐えてドロー 首位キープも大混パ、上位3球団が1ゲーム差にひしめく

西日本スポーツ

 ◆ロッテ2-2ソフトバンク(19日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクは終盤のピンチを何とかしのぎ、ドローにこぎつけた。

 初回に今宮がソロを放つと、グラシアル、柳田の連続四球から栗原の適時打で2点を先攻。もっとも先発・大竹が直後、中村奨の適時打で1点を返されると、2回に藤岡に同点打を許した。

 3回無死一、二塁のチャンスを逃すと、試合は膠着(こうちゃく)状態に。継投に移った6回に高橋礼が1死二、三塁のピンチを招いたが、下位打線を退けて脱出した。

 8回は2死から柳田が安打で出塁し二盗に成功したが、代打中村晃は中飛。9回に先頭・栗原が益田から四球を選び、犠打で1死二塁としたが代打明石、松田宣が倒れた。

 その裏、森が先頭・菅野を歩かせたが、続く田村のバントが小フライとなり、この回からマスクをかぶる捕手・甲斐がダイビングして好捕。森が代打角中を遊ゴロ併殺打に打ち取った。

 延長10回は勝ち越せず、その裏、板東が1死から中村奨に二塁打を浴び、マーティンを敬遠して一、二塁。続く安田の打球は一塁手・明石が好捕したが、代打・佐藤には四球。満塁となって清田をフルカウントから見逃し三振に仕留めた。

 ロッテとの1ゲーム差と首位は変わらなかったが、勝った楽天が2位タイに浮上。パ・リーグは上位3球団が1ゲーム差にひしめく混戦模様となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ