ソフトバンク延長逆転負けで首位並ばれた…鬼門で6戦勝てず ロッテ鳥谷ヘッスラでサヨナラ生還

西日本スポーツ

 ◆ロッテ5x-4ソフトバンク(20日、ZOZOマリンスタジアム)

 首位ソフトバンクが2日連続の延長で10回に勝ち越したが、その裏、2位ロッテが3点を奪って逆転し、同率首位に並んだ。

 ソフトバンクは2回に松田宣のソロで先制し、4回に上林の適時打で1点を追加。先発・笠谷が4回無失点だったが、ロッテは松本を3イニング目の7回につかまえ、中村奨、安田のソロで追いついた。

 試合は同点のまま延長10回に突入。ロッテは益田を温存してフローレスを起用したが、ソフトバンクは川瀬の今季初安打となる二塁打から2死二、三塁とし、栗原の2点打で勝ち越した。

 その裏、ロッテはソフトバンク泉から連続四球で無死一、二塁。中村奨の併殺打で2死一塁となったが、マーティンが同点2ラン。なおも嘉弥真、椎野を攻め、一、二塁から椎野の暴投の間に、二塁走者の代走・鳥谷が頭からサヨナラホームに滑り込んだ。

 ソフトバンクはZOZOマリンで昨季から6試合連続で勝ちがない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ