ソフトバンク今宮今季ピンチ、工藤監督「しっかり治して」…左ヒラメ筋損傷

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは22日、今宮健太内野手(29)が福岡市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け、左ヒラメ筋損傷と診断されたと発表した。実戦復帰まで1カ月半から2カ月弱かかる見込みで、シーズン中の1軍復帰は微妙な状況となった。工藤監督は「シーズン中に帰ってきてくれると願っているが、再発する可能性もある場所でもあるのでしっかり治してほしい」と話した。

 今宮は今季43試合で打率2割6分8厘、6本塁打、22打点。コンディションを見ながら出場を続け、19日のロッテ戦でも本塁打を含む2安打を放つなど打撃好調だったが、20日に左ふくらはぎ痛で出場選手登録抹消されていた。23日にリハビリ組へ合流する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ