あすパラ開幕まで1年 富田5月の選考会で勢いを

西日本スポーツ 松田 達也

 日本身体障がい者水泳連盟は22日、日本代表の内定選手や候補選手によるオンライン会見を開催した。

 会見では、新型コロナウイルスの感染拡大で延期になっていた代表選考会を来年5月に横浜で開催することを発表。昨年の世界選手権でS11クラス400メートル自由形、100メートルバタフライで銀メダルに輝いた富田宇宙(31)=日体大大学院、熊本市出身=は「目標の時期が定まったのは大きい。5月にパラリンピックを迎えるつもりで自己ベストを出し、勢いに乗って、本番でさらに上を目指せるようにしたい」と代表入りへと意気込んだ。

 自粛期間中は地元の熊本市に戻り、フォームの改善などに取り組んだという。東京大会開幕まで24日であと1年。初出場ながらメダル候補として期待される富田は「延期の時間は、レベルアップの期間にできる。皆さんにパラリンピックを開催してよかったと思ってもらえるように、自分の思いを伝えていきたい」と決意を示した。 (松田達也)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング