西武痛恨の3連敗…ジョーンズに3戦連発弾浴びる

西日本スポーツ

 ◆オリックス6-5西武(23日、京セラドーム大阪)

 西武が一時逆転しながら救援陣が打ち込まれ、3連敗を喫した。

 西武先発の松本は初回2死から吉田正にソロを浴びて先制を許したが、味方打線が奮起した。5回2死一、二塁から4番山川がオリックス先発アルバースの変化球を引っ張り、左翼線への2点適時打。山川は「(松本)航が頑張って投げている中で、逆転できたことが良かった」と試合をひっくり返した。6回には栗山が「いい“振り抜き”ができたので、飛んでくれると思いました!」と右翼席に放り込む7号ソロで追加点を挙げた。

 松本は5回2安打1失点。「調子は比較的よかったです。初回、ホームランを打たれてしまいましたが、その後、切り替えることができました」と、自身納得の内容で勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。だが、2番手の宮川が6回に2点を奪われて試合は3-3の振り出しに戻った。3-3で迎えた8回に4番手のギャレットがジョーンズに3試合連続の一発となる9号ソロを浴びるなど3失点。西武打線は、9回に2死二塁から外崎と栗山の連続適時打で1点差に迫ったものの、反撃はここまでだった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング