首位ソフトバンクと不気味なオリックス 工藤監督が警戒「好投手3人がくるのでね」

西日本スポーツ

 変則日程の同一カード6連戦を終えて単独首位に返り咲いたソフトバンクの工藤監督が24日、新体制のオリックスを警戒した。

 通常の1カード3連戦となる25日から本拠地ペイペイドームで対戦。今季の対戦成績は10勝2敗と圧倒しているが、オリックスは中嶋監督代行が就任した後、西武に3連勝と勢いに乗っている。吉田正が柳田を抑えて打率リーグトップに立っているのに加え、今回の3連戦は山本、田嶋、さらに左脇腹故障からの復帰戦となる開幕投手の山岡と好投手の先発が見込まれている。

 工藤監督は「好投手3人がくるのでね。いい投球をされると、そうそう打てないから。少ないチャンスを生かして得点を取れるように考えないと。いろんな作戦を使ってでも取りにいきたい」と投手陣攻略に思案を巡らせていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ