なぜ?ソフトバンク柳田スライディングせず盗塁死で痛恨併殺

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク3回の攻撃で痛恨の併殺があった。

 1死から柳田が四球で出塁。続くグラシアルはフルカウントから低めのフォークにバットを止めたが、ハーフスイングをとられ三振となった。この時スタートしていた柳田は、グラシアルがスイングをとられておらずボールで四球と思ったか、二塁ベースの手前で減速。スライディングしておらず、二塁送球されてタッチアウトとなった(記録は盗塁死)。

 球審はハーフスイングについて一塁塁審にアドバイスを求めており、一塁塁審がスイングと判定していた。塁審の方向へ振り返った柳田は驚きの表情。微妙な判定ながら、スコア0-0の展開の中、好投手・山本に対して痛い逸機となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ