グラシアル1号あわや犬型ロボ直撃弾 山本由伸から値千金

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・グラシアルが貴重な今季1号を放った。

 相手バッテリーエラーにも乗じ、柳田の犠飛で1点を先制した5回。2死からオリックス山本の154キロ直球を捉え、左中間スタンドへ運んだ。打球は人型ロボット「Pepper」とともに並んだ、四足歩行の犬型ロボット「Spot」に立てられた旗をかすめたとみられる。

 「手応えは完璧でした。久しぶりのホームランだったので、とても気持ち良かったし、うれしい」。ベンチに戻るとおなじみのシャドーボクシング・パフォーマンス。やられ役の高谷は、グラシアルが打ったそばから笑みをこらえきれない様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ