西武オレンジリボンデー、劣勢のまま終盤

西日本スポーツ

 西武は25日の日本ハム戦(メットライフドーム)を子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動「オレンジリボン運動」の啓発や支援活動を目的に、「『SAVE THE HOPE』ライオンズオレンジリボン運動デー」として開催した。

 背番号などオレンジを取り入れたユニホームを着用。先発した高橋光は「チャレンジする姿勢を貫き、全力投球で子どもたちに勇気を与えます!」と試合前には誓っていた。試合は、6回を8安打3失点で降板。「序盤で失点したが、3回以降は気持ちを切り替えて粘れた。先発として試合をつくるという最低限の仕事はできたと思う。球の走りも悪くなかった」と振り返った。試合は7回を終えて西武が2-4と劣勢のまま終盤に入った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング