ソフトバンクが3連勝、オリックス戦だけで貯金9 山本由伸6戦勝てず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-0オリックス(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクがお得意さまのオリックス相手に完封リレーを演じ、3連勝で単独首位をキープした。

 打線はオリックス・山本に対し序盤はホームが遠く、4回は3連続四球で1死満塁のチャンスが訪れたものの、甲斐が遊ゴロ併殺打。それでも5回に柳田の犠飛で先制すると、グラシアルの今季1号も出て2点を先攻した。

 先発・千賀は走者を出しながらも粘りの投球。7回に3四球で招いた2死満塁のピンチは、ロドリゲスを三振に仕留めて脱出した。8回をモイネロが抑えると、直後に川瀬が今季初打点となる2点打。4点差の9回は嘉弥真が抑えた。

 チームは今季32勝23敗2分けの貯金9。オリックス戦は11勝2敗の貯金9で、このカードの大きな勝ち越しがシーズン貯金に直結している。

 7回無失点の千賀は今季5勝目。オリックス山本は2敗目で、これで6試合続けて勝ちに恵まれていない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ