西武4連敗…オレンジリボンデー飾れず

西日本スポーツ

 ◆西武3-4日本ハム(25日、メットライフドーム)

 西武が、子ども虐待防止運動を広めるため「オレンジリボンデー」とした試合を飾れず、4連敗を喫した。

 先発の高橋光がいきなりつまずいた。初回は先頭の大田を三球三振に仕留めたが、松本にストレートの四球。ここから2死一、三塁として、渡辺に中前打で先制された。2回は3本の長打を集められて2失点。苦しい序盤となった。

 3回以降は何とか踏ん張った。4回も1死二塁のピンチを招いたが、大田を右飛、松本を空振り三振に打ち取った。5回は西川、本塁打を20本に乗せている中田、渡辺のクリーンアップを三者凡退で片付け、尻上がりの投球を見せた。6回を8安打3失点で降板。「序盤で失点したが、3回以降は気持ちを切り替えて粘れた。先発として試合をつくるという最低限の仕事はできたと思う。球の走りも悪くなかった」と振り返った。

 上沢の前に沈黙していた打線も懸命に追い上げた。5回2死満塁で山川が押し出し死球。さらに上沢の暴投でさらに1点を加えた。8回には山川が玉井から一発を浴びせて1点差まで迫ったが、日本ハムに逃げ切られた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング