西武4連敗「粘りは…」辻監督 首位ソフトバンクと今季最大タイ8ゲーム差

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武3-4日本ハム(25日、メットライフドーム)

 サヨナラの期待は裏切られた。西武は1点を追う9回2死一、二塁で外崎が左飛。7連敗の後に5連勝(1分け挟む)したが、再び4連敗。リーグ3連覇への道のりは険しくなる一方だ。辻監督は「選手は必死にやっている。粘りは出してくれた」と努めて前を向いた。

 序盤の失点が最後まで尾を引いた。高橋光が初回に1点を先制されると、2回にも2失点。6回3失点でリーグワーストの6敗目を喫し、「特に2回の投球はもっと向かっていったり、変えていったりしないといけなかった」と反省した。

 3回以降は立ち直って試合をつくったが、辻監督は6連戦の頭を託す右腕には手厳しかった。「簡単に1、2回で3点というのは後にこたえる。(打線も)打つしか(作戦が)なくなる。立ち上がりをもっと慎重にいかないと」と指摘した。

 打線も5、8回にそれぞれ1点差に追い上げたが、あと1本が出なかった。辻監督は「連敗しているわけだから粘り強く戦って、どんな形であれ、勝ちにつながるように頑張る」と不退転の決意を口にした。首位ソフトバンクとは今季最大タイの8ゲーム差。これ以上の後退は許されない。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング