西武守護神投入も裏目…5連敗 昨年の最大ゲーム差超え9差

西日本スポーツ

 ◆西武5-8日本ハム(26日、メットライフドーム)

 西武が5連敗を喫した。昨年は首位から最大8・5ゲーム差を大逆転してリーグ連覇を果たしたが、これで首位ソフトバンクとは9ゲーム差となった。

 先発の榎田がビヤヌエバに先制3ランを食らうなど、2回2/3を7失点でKO。「初回はきちんと投げられたのですが、2回は甘い球を痛打され、3回はフォアボールから崩れてしまいました」とうなだれた。

 打線は5回に中村が通算1500安打に到達する内野安打。6回にはスパンジェンバーグの3ランなどで5点を返し、2点差に迫った。だが9回に投入された守護神の増田が先頭の渡辺にソロを被弾した。日本ハムにはこれで6連敗で、今季2勝9敗と苦しんでいる。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング