ソフトバンク5連勝 シーズン折り返し前に今季オリックス戦勝ち越し決定

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2オリックス(27日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクがこの3連戦3連勝で、チーム5連勝。貯金を今季最多の11とした。

 2回に栗原の三塁打から上林の先制犠飛、甲斐の2ランで3点を先攻。2点リードで迎えた7回には上林がソロで突き放した。

 投げては先発・笠谷が5回を投げ毎回7奪三振の快投で1失点。後を受けた板東も3回2安打無失点と好投し、3点リードの9回は森が3連打で無死満塁のピンチを招いたが、ジョーンズを併殺打に仕留め1失点でしのいだ。

 笠谷が先発初白星を手にした。ソフトバンクはレギュラーシーズン59試合を消化して今季オリックス戦13勝2敗。シーズン折り返しを前に、早々とこのカード7年連続の勝ち越しが決定した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ