西武が連敗止めた 山川が2点サヨナラ打 スタメン落ちの森が試合後に涙

西日本スポーツ

 ◆西武8-7日本ハム(27日、メットライフドーム)

 西武が山川の逆転打で連敗を5で止めた。1点ビハインドの9回1死満塁で左翼へ2点サヨナラタイムリーを放った。

 序盤に2ラン2本で4点のビハインドを負ったが、4回に山川のバックスクリーン左への特大18号2ランで反撃開始。5回はプロ初スタメンのルーキー柘植が内野安打で起点をつくると、相手の失策で1点を返した。さらに1死二、三塁から栗山が前進守備の二遊間を抜く執念の逆転中前2点打を放ち、6回には柘植のプロ1号ソロで追加点を挙げた。

 リリーフの平井、平良が5~7回を無失点に抑えたが、2点リードで8回に登板するギャレットが被安打3、与四球3の大荒れで逆転を許した。スタメン落ちし、途中でマスクをかぶりギャレットをリードしていた森は試合後、ベンチで涙を流していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング