エースで夏の甲子園連覇、福嶋一雄氏死去 甲子園の土を初めて持ち帰った球児

西日本スポーツ

 夏の甲子園で2連覇を果たした旧制小倉中、小倉高のエースだった福嶋一雄氏が27日、十二指腸がんのため北九州市内の病院で死去した。89歳だった。告別式はせず、家族葬を行うという。

 福嶋氏は1947年から夏の甲子園で2連覇を果たし、九州へ初めて深紅の優勝旗をもたらした。甲子園は春夏合計6度出場し、甲子園の土を初めて持ち帰った球児と言われている。

 小倉高から早大へ進み東京六大学野球で優勝、さらに社会人野球の八幡製鉄(現日本製鉄)でも都市対抗野球で優勝するなど輝かしい実績を重ねた。現役引退後は日本野球連盟九州地区理事長を務めるなど、アマチュア野球発展のために力を尽くした。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング