ムネリンがBC栃木と選手契約で合意 背番号「52」で3年ぶり日本復帰

西日本スポーツ

 独立リーグのルートインBCリーグ栃木は28日、福岡ソフトバンクや米大リーグなどで活躍した川崎宗則内野手(39)と契約合意したと発表した。

 選手契約で、期間は9月1日から。背番号はソフトバンク時代にも着けていた「52」。同7日に本拠地・栃木県小山市内で入団会見を行う。

 川崎は鹿児島工高から2000年にダイエー(現ソフトバンク)に入団し、俊足巧打の内野手として活躍。12年に米大リーグへ移籍し、ブルージェイズなど3球団でプレーした。17年にソフトバンクに復帰したが、18年3月に体調不良のため退団。昨年は7月から台湾プロ野球の味全で客員コーチ兼任で現役復帰した。今季は所属チームがなく、24日からBC栃木の練習に参加していた。

 日本プロ野球での通算成績は1187試合で打率2割9分2厘、27本塁打。米大リーグでは276試合で打率2割3分7厘、1本塁打。

 

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ