ソフトバンク初回にスクイズ 金子弌大に打者一巡の猛攻

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが日本ハム先発・金子に初回から猛攻を仕掛けた。

 1点先制された直後、周東、中村晃の連打で無死一、三塁とすると、柳田の内野ゴロの間に同点。グラシアルの適時二塁打で勝ち越すと、栗原に2ランが出た。

 松田宣が内野安打で続き、4連打となる上林の二塁打で二、三塁とすると、甲斐が1ストライクからの2球目でスクイズ。バントを処理した金子のトスよりわずかに早く、三塁走者・松田宣が本塁へ滑り込んだ(記録は犠打野選)。

 小技も決まってベンチの工藤監督は満足げ。この回打者10人を送り込み5得点で、一気に試合の主導権を握った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ