日本ハム栗山監督のリクエスト却下は「速やかではないと判断」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-1日本ハム(28日、ペイペイドーム)

 日本ハム栗山監督のリクエストが認められない一幕があった。

 7点ビハインドで2死走者なしから中島が二ゴロ。一塁アウトの判定に栗山監督が芦原球審に向かってリクエストのジェスチャーも、リプレー検証には至らなかった。

 栗山監督が球審のもとに歩み寄って言葉を交わす間にも、スタジアムDJは場内アナウンスを続行。中島を含む日本ハム野手陣も守備位置に就き、栗山監督がベンチに戻ってソフトバンク5回の攻撃となった。

 責任審判の二塁・嶋田塁審は「球審がそれ(要求)を速やかではないと判断したので、受け付けなかった」と説明した。

 栗山監督は4回に1死一塁から渡辺が三ゴロに倒れた際、一塁アウトで併殺とされた当初判定に対してリクエスト。この時はリプレー検証の結果、判定がセーフに変わって2死一塁でプレー再開となっていた。

 敗れた4位日本ハムは、勝った3位楽天と2ゲーム差となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ