「けが人出ないように、結構それで頭がいっぱいです」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-1日本ハム(28日、ペイペイドーム)

 -初回無死一塁でエンドランに成功。一挙5得点につながった。

 大きかった。(中村晃は)少し調子を落としているので、ああいう時は作戦をつくった方が踏ん切りをつけてスイングできる。見事に打った晃君も素晴らしい。高めのあのボールを打てるのはさすが。

 -栗原が2発。

 2本目は完璧。1本目も素晴らしい本塁打だった。ああいう打撃ができるのでね。迷いさえなければ、このまま調子を上げていけるとみている。ナイスバッティングだった。

 -レギュラーで初のシーズン。試合に出続けて結果も残している。

 捕手として打撃を突き詰めないといけないという思いが今の打撃をつくっていると思う。よくやってきている。自分の努力したことがああやってしっかり形に表れるのは素晴らしいこと。この打撃を維持しつつ、頑張ってもらいたい。

 -先発の武田が今季初登板で初勝利。

 持ち球の真っすぐが少しカットする球と縦横のスライダーが良かった。中盤以降はカーブも交えて、しっかり緩急もつけられていたところが良かった。

 -貯金12の首位で前半戦をターン。

 そこはあまり考えないで、目の前の試合をしっかり戦うこと。けが人が出ないように、うまく考えながらやっていくこと。結構それで頭がいっぱいです。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ