ソフトバンク相手エラーで大きな1点、栗山監督リクエストも及ばず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが相手失策で大きな1点を手にした。

 0-0の3回1死から周東がセーフティーバント、捕手の悪送球も重なって二塁へ。続く中村晃が四球を選んで一、二塁とした。

 柳田は二塁手・渡辺の正面へのゴロ。渡辺は併殺を狙って二塁送球したがベースカバーに入った遊撃手・石井が捕りきれず、ボールは三遊間へ転々。この間に二塁走者・周東は生還、一塁走者・中村晃は三塁を狙った。

 拾い直した石井が三塁。タイミングはアウトかと思われたが送球が高く、三塁手ビヤヌエバはジャンプして捕球。タッチまでにロスができて微妙なタイミングになり、三塁塁審はセーフと判定した。

 栗山監督がリクエストしたが、判定は変わらずセーフ(記録は石井の失策)。なおも二、三塁でグラシアル、栗原が倒れたものの、相手の1イニング2失策で有原から得点するという願ってもない展開となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ