止まらないソフトバンク7連勝で貯金13、米大リーグ54勝左腕が来日初勝利

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-0日本ハム(29日、ペイペイドーム)

 左ふくらはぎを痛めて戦列を離れていた米大リーグ54勝左腕、ソフトバンクのムーアが復帰戦で来日初勝利を挙げた。来日1年目の今季は開幕ローテーション入りし、7月8日に出場選手登録を抹消されるまで2試合で0勝1敗だった。

 初回先頭の大田にセカンドへの内野安打を許し、1死後西川にセーフティーバントを決められるなど揺さぶられたが、後続の中田と渡辺をきっちりと打ち取ってピンチを脱出。「自分の持っているものをすべて出したい」とマウンドに上がっていた左腕は2回以降もランナーを背負いながらも連打を許さず、5回95球を投げて被安打4、無失点。7三振を奪った。

 打線は有原から7回まで3安打、1得点に抑えられたが、8回に2番手の玉井を攻めてグラシアルと松田宣の適時打で2点を追加して試合を決めた。

 首位ソフトバンクは7連勝。貯金を13に増やした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ