常に優勝争うソフトバンクの「最大の強み」 ここ一番での差

西日本スポーツ 石田 泰隆

タカ番記者コラム「好球筆打」

 ◆ソフトバンク3-0日本ハム(29日、ペイペイドーム)

 まさかな。いくら何でも虫が良すぎる。そんなことを思い始めた直後の追加点だった。8回。頼りになるグラシアルがこの日のチーム初適時打を放ち、勝利の機運はさらに高まった。

 それまでのホークスの得点は、3回の1点のみだった。しかも、相手守備の乱れ(1イニング2失策)に乗じて奪ったもの。それだけで勝つのもホークスの強さであり、魅力ではあるのだが、どうせ勝つなら打ってチームが盛り上がった方がいいに決まっている。

 これでチームの連勝は、今季最長の「7」まで伸びた。2ゲーム差で2位につけるロッテもホークス同様、お得意さまとするオリックスから今季12勝目(1敗1分け)を挙げるなど必死に食らいつくが、工藤監督は「(今カードの)勝ち越しはすごくいいこと」と目の前の1勝を素直に受け入れた。

 それにしても、やはりこういう僅差の試合で勝敗を分けるのは「守備力」なんだと再確認した。前述した日本ハムの3回の失点は、周東のセーフティーバント処理を焦った捕手宇佐見の悪送球(記録は内野安打と失策、周東は二塁まで進塁)がきっかけだった。

 さらに1死一、二塁で二ゴロ併殺と思われた柳田の打球も、相手二遊間に連係ミス(記録は遊撃手石井の失策)が出て先取点につながった。細かい野球を得意とするイメージの強い日本ハムだが、この日は守備以外でも犠打失敗、けん制に誘い出されての盗塁死と残念なプレーが続いた。

 一方、ホークスは5回1死一、二塁のピンチで2番松本の中前へ抜けそうな打球を、遊撃手の川瀬がダイビングキャッチ。二塁封殺とし、同点に追い付かれることを食い止めた。8回には1番大田が放った左中間へのライナー性の打球を、左翼のグラシアルが懸命に走り、最後は左腕を必死に伸ばす形で好捕した。抜けていれば先頭打者の長打ということで、試合展開も大きく変わっていただろう。

 わずかではあるが、ここ一番での守備力の差が勝負を分けた。工藤監督も「ムーアが勝てたのは彼のナイスプレーがあってこそ。抜けていれば1点というところだった」と川瀬のビッグプレーを称賛していた。

 近年、ホークスが常に優勝争いできるのは、この球界随一とされる守備力が土台にあるからだろう。過去10年のチーム守備率を見ても、リーグ1位が5度、2位が4度、3位が1度と安定感抜群だ。これこそがホークス最大の強みではなかろうか。きっとそうだ。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ