強い!ソフトバンク8連勝 いきなり4失点でも逆転、看板トリオそろい踏み弾

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-5日本ハム(30日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは序盤の大量失点をあっさりはね返し、2カード連続の3連戦3連勝。今季最長の8連勝で貯金を今季最多の「14」に伸ばした。

 先発・石川が乱調で、初回に先制を許すと、2四球で満塁として押し出し死球などで一挙4点を先行された。

 それでも直後に柳田が20号2ラン。三塁打の栗原が暴投の間に生還し、1点差とした。石川は2回にも1点を失ったが、3回にグラシアルの適時打などで同点。4回に中村晃の2ランで勝ち越した。

 5回にもグラシアルのソロで追加点。この回からマウンドに上がった高橋礼から、8回のモイネロ、9回の森まで救援陣5人が、日本ハム打線の反撃を0点に抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ