アビスパ川森社長がCF概要を説明「意見聞き内容高める」目標3000万円

西日本スポーツ 松田 達也

 J2アビスパ福岡の川森敬史社長は1日、オンラインで会見し、クラブの支援などの目的で8月29日から始めたクラウドファンディング(CF)の概要を説明し「皆さんの意見を聞きながら、内容を高めていきたい」と語った。10月31日まで。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による減収の補填(ほてん)やスポンサー支援が目的で、3000万円を目標としている。返礼品にスポンサー企業の商品を準備して支援につなげる狙いで、アビスパのオリジナルグッズなどもそろえた。

 川森社長によると、観客の入場制限などもあり、ホームゲーム1試合当たり約400万円の減収になっているという。J1昇格を目指すチームは15位に低迷。川森社長は「勝利を目指し、勝ち星を積み重ねることがCFにもつながっていけば」と期待した。 (松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング