西武内海743日ぶり白星へ見せた執念 両脚つりながら力投

西日本スポーツ

 ◆ロッテ-西武(2日、ZOZOマリン)

 西武の内海が743日ぶりとなる白星の権利を持って降板した。

 5回2死まで無安打投球で、5回を投げ2安打無失点。「初回、2回と先頭打者をフォアボールで出してしまいましたが、全体的に粘り強く投げることができたと思います。

 柘植とはファームで何度もバッテリーを組んでいましたので、自分のいいところを引き出してうまくリードしてくれました。

 最後は両脚のハムストリングをつって降板してしまいましたが、先発投手として次はこのようなことがないようにしたいです」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング