ソフトバンク森、打球直撃アクシデントから「あと1人」で白星スルリ

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(2日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの守護神・森が思わぬアクシデントに見舞われた。

 2点リードの9回に登板。先頭・福田の投手強襲の当たりをよけきれず体をよじり、背中に当たった打球が中前に抜けて安打となった。

 森山投手コーチやトレーナーが駆け寄ったが続投。続く代打・杉本に左前打を許し、代走・佐野に二盗を許して二、三塁。中川を捕邪飛に仕留め、吉田正を申告敬遠の上でジョーンズを遊飛に打ち取り2死。続く安達に初球で左前へ同点打を許した。

 なおも一、三塁でT-岡田を空振り三振に仕留め、この回同点で踏みとどまった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ