ソフトバンク左腕対策の「新オーダー」は的中 初の1、2番コンビ

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-3ソフトバンク(2日、京セラドーム大阪)

 田嶋対策の「新オーダー」が的中した。同点の7回だ。先頭の1番川島が左前打で出て、2番グラシアルがフルカウントから田嶋の低めに沈む変化球を左中間席に運ぶ3号2ラン。今季4度目の対戦だった左腕を7回限りでの降板に追い込み「あの場面で打てて良かった」とうなずいた。

 7回の一発を呼んだ川島は初回から左殺しの本領を発揮。「先頭打者として最高の結果になった」。田嶋の直球を左翼席に運ぶ3号ソロは、自身2本目で3年ぶりとなる先頭打者弾。さらに2死球、左前打と田嶋相手の全4打席で1番打者の役割を果たした。

 グラシアル、川島はともにこの日の打順は今季2度目。1、2番の並びは初めてだったが、工藤監督の期待に応えてチームの全打点をマークした。今季のホークス戦は4試合で2敗ながら、対戦打率2割1分4厘の左腕の攻略に貢献。悔しい引き分けの中で、新たなコンビが存在感を示した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ