西武は大量失点で連勝が「4」でストップ 金子の8年連続アーチも空砲

西日本スポーツ

 ◆ロッテ8-5西武(3日、ZOZOマリン)

 投手陣が8失点と乱れた西武の連勝が「4」で止まった。

 プロ2度目の先発だった平井は5回途中5失点で降板。2、4回に1点ずつ失い、金子に今季1号の同点2ランが出た直後の5回は先頭のマーティンに勝ち越しソロを浴びると、さらにピンチを招いた。1死二、三塁で登板した2番手の斉藤大は四球で塁を埋めると、2者連続の適時打を浴び、この回は一挙5失点となった。

 今季3敗目を喫した平井は「自分の失投で先に点を与えてしまった。せっかく同点に追いついてくれたのに、その直後に一発を浴びたことが悔やまれる」とコメントした。

 右手首痛で登録抹消された中村を欠いた打線は、4試合連続で1番に入った金子が8年連続本塁打となる一発を含む2試合連続マルチ安打で引っ張ったが、9回の反撃も1点にとどまった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング